12月になりましたねぇ

もう、今年も最後の月になりました!

MSQの今年の授業もあと少しです。

Certificate IV in Massage Therapy Practiceでは最後の科目、「Shiatsu」と「Reflexology」を開講中です。
Certificate IV in Aromatherapyは「Product Making」で化粧品作りです。
あ、まだその後にビジネス系の授業と卒業審査が控えていますが、、、まぁまぁ。

そして、Dioloma学生達は先日、
一般の方々にご協力いただき、診察実習を行っておりました。
施術前にしっかりと患者さんの状態を診察して、施術計画をたててマッサージを施し、施術後は再診察と患者さんからフィードバックを元に、自分がやったマッサージが効果的であったのか?などを考察します。
診察、施術中には講師が入って来て質問をしたり助言をしたりします。

Massage Schools of Queenslandでは、この施術に入る前の診察やカウンセリングを重視しています。(これ、定期的に言ってますね・・・)
Certificate IVの時からですが、特にDiploma になると、マッサージではなくトリートメント(治療)になりますので、正確に患者さんの不調の原因を察することが大切になります。
これができないと、不調を治せないどころか、悪化させてしまう可能性だってあります。

・・・ま、とはいえ通常のクリニックでは、
マッサージを受けに来る方は、「1時間のセッションなら1時間マッサージしてくれ」という方が多いので、診察に時間をかけるには実際には難しいかも知れませんが。

でも、長い目で見ると、きちんと診察した方がしっかりと治せますし、治すための道筋を説明できますので、リピーターが増えると思います!Student Clinicでも、リピーターが付く学生は、しっかりとカウンセリングと診察、そして説明をしています。

私的には・・・
セラピスト:「今日はどうされました?」
私:「はぁ、首と肩が痛くて・・・」
セラピスト:「なるほど、はい、ではこちらのマッサージテーブルに横になってください」
セラピスト:「では首肩を集中的に施術しますね」

よりも・・・
セラピスト:「今日はどうされました?」
私:「はぁ、首と肩が痛くて・・・」
セラピスト:「なるほど。ちょっとこちらを向いて直立してみてください。次は右向いて。フム・・・」
セラピスト:「次は、そのまま前屈してもらえますか?フム・・・固いですね!!!?」
セラピスト:「右肩が上がってて、骨盤もつられてますね。ま、でもそれはそこまでひどくはないけれど、かなり猫背になってますね。毎日座り仕事で、PC使ってるからですね・・・。」
私:「そうそう、それに部屋寒いし・・・。筋肉強張るし・・・。」

・・・の方が、何だか任せられるのですが。

上記は、実際にStudent ClinicでDiplomaの学生と話した内容なのですが、ここまで診てもらって、これを元に施術してもらえると、何だか治してもらえるような気がしてきますよねぇ???

ちなみにこの学生には、以前坐骨神経痛になったことを言い当てられました・・・!


LOGO マッサージスクール オーストラリア   RTO マッサージスクール オーストラリア

【英語も身に付く】
 オーストラリアで、アロマテラピー・リミディアルマッサージ・指圧の国家資格を取得しよう!(4ヶ月~)
 / [English Version]

【地元学生と一緒に】
 オーストラリアの政府認定専門学校で短期お稽古留学をしませんか?(1日~4週間コース)
 / [English Version]

コースの詳しい内容・学校資料をご要望の方は → [お問い合わせフォーム]
※お問い合わせ後は「迷惑メール」ボックスもご確認いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
※48時間経っても返信がない場合は、別メールアドレスで再度お問い合わせいただけますと大変嬉しいです!
スポンサーサイト
Theme: 海外留学
Genre: 学校・教育

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback