マッサージに「答え」はない?!

私、Massage Schools of Queensland(MSQ)で働き始めて5年になります。

で、よく聞かれるのですが、
私自身はセラピストではないですし、マッサージやアロマテラピーの学習経験もありません。
受ける専門で。

ですので、私の知識は全て、学校長のRHONAを始め、先生方からいただいた返答に基づきます。
まぁ、この5年間、ことある毎に質問をしまくりました!(今もですけど・・・)
先生方、いろいろとお時間をお取りして申し訳ございません。。。

学生やお問合せをいただいた方々に、きちんとしたお返事を差し上げたいので、、、ご了承を~

ところで、先生方に質問をしていて感じるのが、
「同じ質問をしても、返ってくる答えがバラエティーに富んでいる」ということです。
MSQの先生方は、皆さん現役のセラピストでもありますので、ご自身の経験則や施術スタイルなどによって、それぞれの見解がおありなのだと思います。

例えば、
「セラピストが座ったままで、患者さんにRemedial Massage(リメディアルマッサージ)の施術は出来ますか?」
という質問をした場合、

「う~ん、座った状態だと難しいかもねぇ」という方もいれば、
「もちろん!何の問題もないよ!」という方もいらっしゃると思います。

もともと、Remedial Massageというものに、決まった施術の型はありませんので、上の答えはきっと、先生方の施術スタイルや、今まで施術されてきた患者さんのイメージから来るものだと思います。

よく先生方が、「マッサージに絶対的な答えはない」とおっしゃいます。
それぞれのセラピストが自身の施術スタイルを持ち、それぞれの患者さんに最適な施術を考え出しますので、
例えば、「首の懲りに悩まされている患者さんにはこの施術方法でないといけない」などという答えはありえないということです。
MSQの学生達は、こういう教えの下、自分自身の施術スタイルを生み出していきます。

やっぱり、、、奥深いですよねぇ。

でも、いつも返ってくる答えが同じ内容があります。
それは、
「マッサージセラピストは、マッサージの施術だけではなく、患者さんのケアもしっかりとしなければいけない」ということです。
ただ機械的に施術を施すのではなく、
*患者さんの状態や気分を聞いてあげたり
*しっかりとプライバシーを尊重してあげたり
*施術中は常に患者さんに触れておくようにしたり
細かいことですが、こういうケアをしっかりすることによって、施術の効果も異なってくるそうです。

うむむ、深いですね。


LOGO マッサージスクール オーストラリア   RTO マッサージスクール オーストラリア

【英語も身に付く】
 オーストラリアで、アロマテラピー・リミディアルマッサージ・指圧の国家資格を取得しよう!(4ヶ月~)
 / [English Version]

【地元学生と一緒に】
 オーストラリアの政府認定専門学校で短期お稽古留学をしませんか?(1日~4週間コース)
 / [English Version]

コースの詳しい内容・学校資料をご要望の方は → [お問い合わせフォーム]
※お問い合わせ後は「迷惑メール」ボックスもご確認いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
※48時間経っても返信がない場合は、別メールアドレスで再度お問い合わせいただけますと大変嬉しいです!
スポンサーサイト
Theme: 海外留学
Genre: 学校・教育

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback