海外で生活をするということ・・・ 2

さてさて、昨日の続き
2番目の「常に危機管理を考えておくこと」に関してです!

ガソリンスタンドの1件があってから、「支払っていない」などと言われると怖いので、
レシートや領収書は一定期間保管するようになりました。

あと家を賃貸する際。
こちらでは、入居の際に貸主(もしくは代理人)と借主が互いに交わすチェックリストがあります。
最初からある汚れやキズ、破損、もしくは故障している箇所を互いにチェックして確認し合うのです。
これを「面倒くさいし全部OKでいいか」なんてやっていると、後々より面倒くさいことになる可能性があります。
この時点で、しっかりと「ここ壊れています」とチェックしておくと、修理してくれたり新しくしてくれます。

私は幸運なことに、今までとてもいい貸主の方々に恵まれ、特に問題になるようなことはありませんでした。
あ、1回、何もしてくれない不動産屋さんがありましたね・・・、でいつの間にか別の不動産会社に管理が移っていたという・・・。
そして、別の不動産会社に移ったとたん、「オーナーが売りに出したいって言っているから出て行って」みたいな・・・。
ま、よくある話ですけど。

でも以前、退去の際に「記録残しておいてよかった・・・」と思うことがありました。

引越しを業者さんにお願いしていたのですが、その業者さん!
裏庭で使っていたBBQセットを、一旦「家の中を通って」玄関から運び出そうとされました!
で、その際に油の混じった水が漏れて、リビングのカーペットを汚してしまいました!
(家の中通った方が近道だったのでしょうねぇ・・・)

作業をされていた男性は、
「これ、うちの会社に言えばクリーニング代支払ってくれるから心配しないで」と言っていたのですが、
念のため、その方に一筆書いていただきました。
同時に、カーペットの写真も撮っておきました。(日付つきで)

一旦、貸主の代理人であるマネージャーさんと、自力で消せるか頑張ってみたのですが、無理でした・・・。
(とってもいいマネージャーさんでした)
仕方がないので、カーペットクリーナーをお呼びして、洗浄していただきました。

さて、そして満を持して(?)引越し業者にご連絡差し上げたのですが、、、

私:「引越しの際に、運んでいたBBQセットからこぼれた水でカーペットが汚れたので、クリーニング代を請求したいのですが。」
業者担当:「あら、そういうのは保障対象じゃないから支払えないわぁ。うちの過失じゃないし。ごめんなさい。」

私:「!!!!?」(出た・・・!とりあえず断る。)
その時の状況(わざわざ家の中を通って、、、とか)を説明して、
私:「それで、現場の方が会社に連絡をしてくれとおっしゃって、一筆とサインもいただいています。」

業者担当:「・・・。そうですか、それでしたらご対応差し上げないといけないですね。請求額はいくらでしょう?」
私:「カーペットクリーニング会社さんからの領収書を添付してお送りします。あと、カーペットの汚れの写真もお送りしましょうか?」
業者担当:「お~!それは助かります。お願いします。」

という感じで、ご対応いただけました。

日本なら、ありえない対応ですよね?
本当に、謝罪はしないです。そして、まず自分達の言い分から始めます。

なのでこちらは、「何故あなた方の責任なのか」を説明して納得してもらわないといけません。
そして、そのためには説得力のある「物」が必要になる場合があります。

いやぁ、いろいろと大変ですよ・・・
でも、こういう応酬が一番英語力伸ばすのにいいかも!すごくいろいろと説明しないといけないので!

海外で生活をしていると、日本人感覚では何ともできない事が多々発生します。
まずは「相手は自分(日本人)の感覚・常識とは異なるんだ」ということを理解して、負けずに説明してください!

ま、こういう「違い」に出会うのも、ある意味海外生活の醍醐味なんですけどねぇ・・・。
慣れてくると、「出た出た」ってちょっとおかしくなってきます。


LOGO マッサージスクール オーストラリア   RTO マッサージスクール オーストラリア

【英語も身に付く】
 オーストラリアで、アロマテラピー・リミディアルマッサージ・指圧の国家資格を取得しよう!(4ヶ月~)
 / [English Version]

【地元学生と一緒に】
 オーストラリアの政府認定専門学校で短期お稽古留学をしませんか?(1日~4週間コース)
 / [English Version]

コースの詳しい内容・学校資料をご要望の方は → [お問い合わせフォーム]
※お問い合わせ後は「迷惑メール」ボックスもご確認いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
※48時間経っても返信がない場合は、別メールアドレスで再度お問い合わせいただけますと大変嬉しいです!
スポンサーサイト
Theme: 海外留学
Genre: 学校・教育

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback