ゴールドコーストの良いところ

ゴールドコーストに移り住んで4年。
最初は文化の違いにとまどってばかりでしたが、さすがに今は「こういうもんだ」と慣れてきました。笑
で、この間日本に帰った時に、「あぁ、これはゴールドコーストのオカゲだな」にこと思ったことがありました。

それは、、、
私、とっても気が長くなっていました!アップロードファイル 

「一つ目」
日本の実家で宅配寿司絵文字名を入力してください軍艦巻きを頼んだ時のこと。なかなか来ずに待たされた挙句、頼んだお寿司が1種類抜けていました。えび
実家のみんなは、「待たされた挙句、入ってないぃ~」「電話して持ってきてもらわなきゃ」って感じで騒いでいましたが、私の心の声は、、、こちら
「1種類不足で済んだ。Good Job!お寿司屋さん!」GOOD

「二つ目」
お蕎麦屋さんで食事をした時のこと。ご飯が出てくるまで1時間以上待たされました。がーん
もちろん、皆さんは、「どうなってるんだろう?」「遅いねぇ」とソワソワしていました。
が、私の心の声は、、、こちら
「・・・。」←時間的なことには無関心
そして、ご飯が出てきたら、、、
「あ、おいしい」きゃー

ま、もともとかなりセッカチな性格だったので、皆様には別にどうってことのない話かも知れませんが。。。
私自身は、昔の自分なら確実にイライラしていただろうなぁと思いました。笑

それでも、未だにゴールドコーストの時間の流れには時々イラッとしています。
「それ、今やったらいいんじゃないの?」「とりあえず、それ位はやり終わってからランチにすれば?」などなど、日本ではありえない行動を取られるので。汗

日本で生まれ育って、日本で仕事もしてきましたので、正直こちらのスローライフにドップリ浸かってしまうことは不安で出来ませんが、時に身を委ねてみたくなったり、とても羨ましくなることもあります。笑

皆さんも、機会がありましたら、是非是非ゴールドコーストにお越しください。最初は、このやる気のなさにイラッとするかもしれませんが、、、
航空運賃も安いですしね!



オーストラリアでマッサージ・アロマテラピー・指圧の国家資格取得を目指そう!
お問合せは → こちら

LOGO マッサージスクール オーストラリア
スポンサーサイト
Theme: 海外留学
Genre: 学校・教育

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback